ヨーグルトローテーション

我が家では私が二人の子ども達の朝食を用意する係になっている。

朝食といっても大体メニューは決まっている。

・お茶

・ヨーグルト

・パンorご飯

・+何か(無い場合もある)

お茶は何も考える必要も無いが、それ以外は同じモノが毎日続くわけにもいかないし、

生意気にも「また、これぇ~・・・。」とクレームが入るので気を遣う。

中でもヨーグルトは基本的に生協で週に1回届くプレーンヨーグルトをベースにローテーションを組む。

頻度が高いのが次の3つ。

・キウイ+ヨーグルト

・バナナ+ヨーグルト

・きなこ+砂糖+ヨーグルト

冬は、リンゴ+ヨーグルトの頻度も高い。

基本はフルーツとヨーグルトの組み合わせを心がけている。

でも、常にフルーツを常備出来ないため、ミカン缶詰も用意。

実は、子ども達はこれが大好物。

ちなみに、柿+ヨーグルトは不評だったなぁ。

楽なのでバナナを続けていたらクレームが来たり、何かと大変だ。

最近は、毎回考えるのも面倒なので、カップの既製品もラインナップに加えたりしている。

でも、フルーツ入りのヨーグルトは食べないケース(マンゴーなど)もあるので、これまた面倒。

定番はコープのイチゴ風味ヨーグルトとレモン風味ヨーグルトの2種類。

これは、考える必要も無く冷蔵庫から出すだけなので楽ちん。

まだ試したことは無いけれど、スイカ+ヨーグルトは子どもに受け入れられるのかなぁ・・・。

なんて、ふと思った。

JUGEMテーマ:日々徒然

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク