ラーメンガッツ 東久留米の思い出

結構お世話になったラーメンガッツ。

閉店してしまって残念。

ラーメン二郎代わりに、ブッタそばをよく食べた。

スポンサーリンク




備え付けの調味料が充実

写真:ラーメンガッツの調味料
調味料は最後まで食べきるのに役立った。

テーブルには備え付けの調味料が並んでいた。ニンニクも入れ放題だったが、ニオイがキツくてあまり好みのタイプではなかった。

よく使ったのは、ショウガ。ブッタそばの野菜によく合う。

ほんとは家系ラーメンの店

店の正式名称は「横浜家系ラーメンガッツ」家系ラーメンの店なのだが、それはそれで可も無く不可も無く、あまり特徴の無いラーメン。数回しか頼まなかった。

写真:ラーメンガッツの家系ラーメン
マズくはないが、特徴無し。

ブッタまぜそばも食べた

汁なしのブッタまぜそばも食べた。チーズの香りがキツいラーメンだった。

写真:ブッタまぜそば
チーズが香るまぜそば

やっぱりブッタそば

なんだかんだで、ラーメンガッツはブッタそば。最初は新化ラーメンというラーメンだったのが、いつの間にか「ブッタ」に変わり、さらにいつの間にか「ブッタそば」に変わっていた。値段は常にキャンペーン価格!?の700円。

初めは二郎の代わりと思っていたが、だんだんブッタのファンになってしまっていた。野菜はシャキシャキしていてキャベツ多め。トッピングは辛揚げやサイコロ状の豚など、余計な物があったが、それもブッタの魅力でもあった。

写真:ラーメンガッツのブッタそば
ブッタそばが好き

閉店してしまったラーメンガッツの後にはどんな店が入るのだろうか・・・。遅くまで開いているラーメン屋だと嬉しいな。


スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする