とんがらし麺を食べてみた

近頃ハマってしまった、辛辛魚らーめんを初めとした辛いラーメン。ドラッグストアに並ぶカップ麺の中から日清のとんがらし麺をチョイス。隣に並んでいた辛ラーメンと迷ったが、こちらの方が安かったので・・・。

写真:とんがらし麺外装
とんがらし麺のパッケージ

フタの上には唐辛子が付いていて、全部入れたら辛さレベル5オーバー、780スコビルだよ~って、不明な単位が書いてあるけど、有無を言わさず、全部入れる予定。

とんがらし麺付属の粉
辛さ調節パウダー

蓋を開けると、赤い色が辛そうな雰囲気を醸し出す。

とんがらし麺お湯を入れる前
お湯を注ぐ前のとんがらし麺
とんがらし麺出来上がり
辛さ調節パウダーは全部入れた

辛さ調節パウダーを入れる前に少し味見をしたが、まぁ辛いかな。程度だったのでパウダーは全部入れた。とんがらし麺という商品名だけあって、唐辛子が前面に出ていて、あとから魚介系がほんのり香る感じ。これはこれで美味しいけれど、辛辛魚の方がよりスープが美味しい。麺はカップヌードルの麺とあまり変わらない感じで、カップラーメン食べてるぞ!っていう感覚がすごい。

まぁ、値段が倍くらい違うので仕方ないが、スガキヤの辛辛魚らーめんの完成度の高さを改めて感じてしまった。

ちなみに、翌日はしっかりお腹壊しました(笑)。

うま辛マーラー麺というバージョンもあるようなので、次はそれを試してみたい。


スポンサーリンク