【辛くない】たんたんめんkai【東久留米】

やっと訪問することが出来ました。東久留米駅の北口、ラーメン和の閉店後の場所にオープンした「たんたんめんkai」。

たんたんめんkai夜の外観
立派な看板が目立つ外観

煌々と光る看板。それにしても、この店名ってどうなんだろう!?「たんたんめん」は良しとして、「kai」ってどういう由来があるのかとても気になる。リピートするようなら、そのうち聞いてみようかな。店主の名字が「甲斐」さんとかなのかなぁ・・。

スポンサーリンク




店内はラーメン和の面影が

内装のリニューアルは行われているが、ラーメン和のカウンターレイアウトはそのまま使われているため、和の面影が。カウンターの位置によっては壁との距離から、後ろを気にしながら食べる必要が出てくる。

テーブル席もあり、自分が入店したときは2組くらいが着席していて、結構賑わっていた。

カウンターを見回しても、メニューが見当たらない。振り返ると壁にメニューがあった。和は食券方式だったが、たんたんめんkaiは食券ではないので注意が必要。

メニューには看板商品の担々麺の他に、炒飯や餃子がある。担々麺の下にテープで隠してある準備中エリアがあるので、おそらく後日メニューが追加されるのだろう。

それにしても、ラーメン和もそうだったか、コスパが悪い気がする。

たんたんめんkaiについてはたんたんめんが850円。大盛りはなんと、200円増しである。何がどれだけ大盛りになるのか・・。

向かいにある中華料理屋が高コスパなので、そちらに負けてしまうぞ。

辛さは大辛を選択

なにはともあれ、注文だ。たんたんめんは辛さが「ひかえめ」「普通」「中辛」「大辛」から選択できる。ここは迷わず大辛をチョイス。メニューの写真は真っ赤で辛そうだったが、どんなラーメンが登場するのか楽しみ。

カウンター越しにご主人の調理を見守る。中華鍋に具材やスープを入れて、いろいろと調味料を入れている。 唐辛子っぽいものをスプーンで4杯くらい投入しているのが見えた。 それにしても、こまめに味見しているな。店を出したばかりで慣れていないのか?大辛のオーダーに応えるべく頑張っているのか・・。

ラーメンができる前に、水を一口飲んでみたが不味い。レモンスライスが入った水は好きではないが、浄水器を通さないのであれば、レモンスライス入のほうがマシかなと感じた。

赤いぞ、たんたんめん。でも、辛くない。

たんたんめんkaiの担々麺

さすが、大辛。見た目は真っ赤でとても辛そうだ。

たんたんめん

具材は卵と挽肉、唐辛子も具材かな。真っ赤な唐辛子は肉厚?で美味しそう。早速食べてみると、それほど辛くない。ペヤングの獄激辛で鍛えられたのだろうか。どんどん食べても全然辛くないぞ。

辛いラーメンを期待していたせいか、ちょっと残念。スープはさっぱりしていて、辛ウマ感が薄い。

まずくはないけど、これを食べるなら、日高屋の大宮担々麺の方がコスパも高いし、ニラなど他の具材も入っていて好み。麺だけはあまり好きにはなれないけど。

辛くないので、スープも余裕で完飲。唐辛子食べたぜ!って感覚。

スープがさっぱりしているので、追い飯も欲しなかった。味自体は嫌いではないので、また来てみたいと思った。次は炒飯を食べてみようかな。実は炒飯がめちゃくちゃ美味しい可能性もある。